専門分野/英国初期絵画理論 高倉 正行(たかくら まさゆき)教授

高野山という素晴らしい環境で、一生に渡る友人、教員との関係を。

都会の大学にはない素晴らしい環境が高野山大学にはあります。人と人との繋がりが強く、在学中に一生に渡る友人や教員との関係を築くことができます。入学後是非とも教員の研究室を訪ねてください。新しい世界が広がっています。

講師派遣における講演テーマ

英国の絵画は1768年ロンドン王立美術院の設立を持って始まったといえます。その初代院長であったジョシュア・レノルズ卿の「講演集」を中心にして、英国初期絵画理論を講演テーマにしたいと思います。

講師派遣について

略歴

1977.3
関西大学 文学部英文学科 卒業
1979.3
関西大学大学院 文学研究科博士前期課程英文学専攻 修了
1982.3
関西大学大学院 博士後期課程英文学専攻進学 単位取得退学
1991.4
高野山大学文学部 助教授
2001.4
高野山大学文学部 教授(現在に至る)

学会等および社会における主な活動

学会等

日本フランシス・キング協会

所属委員会

平成23年度
共通教育センター主任
教務委員

研究活動

学術論文

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
錯乱するイメージ 単著 1995.5 英米文学を学ぶ喜び
D.G.ロセッティ -初期の芸術空間を巡って- 単著 1996.9 創立百十周年記念
Sir Joshua Reynolds
―模倣・自然・理想美について―
単著 2010.2 高野山大学論文集 第45巻
『サー・ジョシュア・レノルズのミケランジェロ再評価について』 単著 2012.2 高野山大学論叢第47巻
『18世紀英国におけるRaphaelのCartoonsについて』 単著 2013.2 高野山大学論叢第48巻

翻訳等

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
イエロー・ブックとサヴォイ誌 単著 1987.3 ごんた1(ごんた集団)
欧米文学にみられる生死観
-英国の詩における死について-
単著 1999.3 生命倫理講座講義録(平成10年度)
ブレイク伝 共著 2002.2 みすず書房
日本の思い出 フランシス・キング講演 単著 2010.4 フランシス・キング研究(The Francis King Society of Japan)

教員トップへ戻る

教員紹介

教授

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ