教員紹介

歴史や自然を身近に感じながら学びましょう

溝端 悠朗

溝端 悠朗専任講師

古典文学を丁寧に読むための知識と技能を身につけ、より深く文学作品を読めるようになってもらいたいと思います。
多くの文学や歴史の舞台となった高野山で、文学に親しみながら学んでいきましょう。

講師派遣における講演テーマ

  • 歌合の世界

    参加者が左右のグループに分かれて歌を競い合う行事である歌合は、貴族たちの社交の場であったと同時に、和歌を批評し、表現を磨き合う場でもありました。歌合という催しが和歌の世界で果たした機能についてお話しします。

  • 和歌の浦と文学

    和歌の浦は風光明媚な景勝地で、名の通り「和歌」の“聖地”として人々に愛され、熊野・高野参詣が一般的になると観光地としても隆盛を迎えました。文学に描かれたものを通して、人々が和歌の浦に抱いたイメージを辿ります。

  • 僧侶たちの和歌

    和歌というと主に貴族たちが詠んだものというイメージがありますが、『百人一首』にも歌が含まれているように、僧侶たちも多く和歌を詠みました。僧侶歌人の詠んだ和歌を通して、和歌と仏教との関わりをお話しします。

  • 和歌のもつ力

    前近代、和歌は日本の文学の中心であり続けます。それは、和歌には神仏にも通じるような力があると信じられたからでした。和歌が人々によい結果を与えた説話を通して、和歌のもつ力について考えます。

>講師派遣について

略歴

2012.3 龍谷大学 文学部日本語日本文学科 卒業
2014.3 龍谷大学大学院 文学研究科日本語日本文学専攻 修士課程 修了
2017.3 龍谷大学大学院 文学研究科日本語日本文学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
2020.9 龍谷大学大学院 文学研究科日本語日本文学専攻 博士後期課程 博士(文学)学位取得

学会等および社会における主な活動

所属委員会

2012 和歌文学会会員
仏教文学会会員
2016 中世文学会会員
2020 中古文学会会員

講義・講演・活動

2018.4 兵庫大学エクステンション・カレッジ「古典和歌の世界」(現在に至る)

研究活動

著書

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
蘆庵本歌合集 共著 2021.1 思文閣出版
著書,学術論文等の名称蘆庵本歌合集 単著
共著
共著 発行又は 発表年月2021.1 発行所,発表雑誌又は発表学会等の名称思文閣出版

学術論文

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
建仁三年「大内の花見」の定家詠 ―定家における「後鳥羽院歌壇の始発」― 単著 2017.2 『國文學論叢』62輯
定家の歌語意識と改作 ―「閨の月影」の歌をめぐって― 単著 2018.4 『言語文化の中世』和泉書院
元永元年十月二日内大臣忠通歌合考 ―「両判」という行事形態をめぐって― 単著 2019.6 『和歌文学研究』118号
「奈良花林院歌合」の詠歌表現 単著 2019.12 『日本文学研究ジャーナル』12号
著書,学術論文等の名称建仁三年「大内の花見」の定家詠 ―定家における「後鳥羽院歌壇の始発」― 単著
共著
単著 発行又は 発表年月2017.2 発行所,発表雑誌又は発表学会等の名称『國文學論叢』62輯
著書,学術論文等の名称定家の歌語意識と改作―「閨の月影」の歌をめぐって― 単著
共著
単著 発行又は 発表年月2018.4 発行所,発表雑誌又は発表学会等の名称『言語文化の中世』和泉書院
著書,学術論文等の名称元永元年十月二日内大臣忠通歌合考 ―「両判」という行事形態をめぐって― 単著
共著
単著 発行又は 発表年月2019.6 発行所,発表雑誌又は発表学会等の名称『和歌文学研究』118号
著書,学術論文等の名称「奈良花林院歌合」の詠歌表現 単著
共著
単著 発行又は 発表年月2019.12 発行所,発表雑誌又は発表学会等の名称『日本文学研究ジャーナル』12号