学長就任のあいさつ

 このたび本学の学長に就任することになりました乾龍仁です。私は高野山大学で学生時代も含めて四十年もの間お世話になってまいりました。その間、恩師の堀内寛仁先生や松長有慶先生をはじめとして、多くの立派な先生方の謦咳に接して、弘法大師の教えや密教・仏教のことを教わりました。また先輩、友人、後輩の方々にも恵まれ、多くのことを学びました。したがいまして、私自身の人生の中で高野山および高野山大学における時間はもっとも掛け替えのないものになったと言えます。
 少子高齢化と人口減に突入した現在の日本の社会状況は、本学をふくめた多くの私立大学にとって大きな試練を強いるものとなっています。とりわけ本学のような小規模大学にとって、このような社会状況は歓迎すべきものではありません。しかしピンチは必ずしもピンチならず、ピンチはときにチャンスにもなり得るということがあります。そのような考えの下に、これからの四年間を本学の発展に力を尽くしたいと思っております。とりわけ高野山真言宗の宗門大学として創設された本学の中心的な使命は、弘法大師の教えを受け継いで次代に伝え、またその研究成果を社会に発信して、高野山を中心にして養われてきた精神文化を広く社会に資することにあるといえます。そのような使命を今後も果たしていくために教職員一同力を合わせて尽力してまいります。
 学長就任に際しては、本学の運営方針を表す標語として、「学生ファースト」と「丁寧な指導と対応」を掲げたいと思います。かつて評論家の立花隆氏は、「大学とは自分で学ぶということを学ぶところだ」と定義しました。私たちの時代の大学は、学生をやや突き放したそのような大学でありました。しかし時代は変わりました。大学も大衆化しました。さらに長寿社会に入り、医療の発達もあって健康寿命が延び、そのため大学には従来の若者に加えて社会人入学生も目立つようになったのです。こうした多様な学生に対応するために、教育体制と事務体制を見直し、学生の修学と生活を支援したいと考えております。そして本学のイメージ戦略として、一つには「学生の満足度の高い大学であること」、二つには「特色のある大学であること」を目標に掲げ、教職員一同で魅力ある明るい大学づくりに取り組んでまいりたいと存じます。
 最後になりましたが、本学に対して皆様からさらなるご支援を賜りますようお願い申し上げ、学長就任の挨拶とさせていただきます。

平成29年4月3日 高野山大学長  
高野山大学 学長  乾 龍仁

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ