Graduate

大学院

日本・中国・インド 時空を超えた聖なるものへの旅

大学院の理念

記憶の融合と想像

高野山大学大学院は、古きと新しきを融合させ、
日本・チベット・ヒマラヤ-アジアを横断する密教の絆を明らかにする。
究極のゴールは、いかに遠くとも、密教の継承-総合-創造-である。
そこではいかなる壁もない。あらゆるゲートから入り、
あらゆる出口が発見できる

大学院組織図

文学研究科

昭和27年の修士課程設置認可に始まった高野山大学大学院は、その後昭和44年に博士課程設置の認可を受け、今日に至っています。その間、とくに密教学の最高学府として国内外において揺るぎない地位と評価を得てまいりました。世界に先駆けてのチベットラダック地方の学術調査の圧倒的な成果や、『続真言宗全書』、『定本弘法大師全集』の校訂編纂、高野山国際密教学術大会の開催など、大学院関係者がそれぞれに果たした役割は、枚挙にいとまがありません。

このような歴史の上に、平成15年度より通学制の修士課程に、従来の「博士前期課程(コース)」に加えて、社会的な要請に応えるべく「社会人コース」と、高度な専門知識を有する僧侶を養成する「僧侶コース」を新設しました。

平成16年度に生涯学習の一環として設置した「修士課程密教学専攻 通信教育課程」は、幸いにも予想を超える多くの方々に受講いただいています。弘法大師空海、密教、高野山に対する関心の高さと期待のあらわれでありましょう。また、平成17年度からは、京都・宗教系大学院連合(K-GURS)に加盟し、授業科目の相互提供(単位互換制度)など、学術研究の幅広い連携を行っています。

【修士課程】
密教学専攻 仏教学専攻

高度な実践力と理論の修得を目指します。

「修士課程」は、密教への深い理解に到達した後継者の養成を目指す と同時に、社会人の方々にも開かれた研究環境を用意しています。 本課程では、研究はもとより、中院流聖教伝授のような密教の高度 な実践と理論の修得に努めます。本課程を修了するには学位論文の 提出が求められます。

【博士後期課程】
密教学専攻 仏教学専攻

真言教学における次世代のリーダーを養成します。

「博士後期課程」は、博士(密教学)、博士(仏教学)を養成する課程です。修士課程で得た学識をさらに発展させ、独創的な見地から研究活動に取り組める専門研究者を目指していただきたいと思います。本課程の修了者は、宗教界でも重要な地位を占め、真言教学における次世代のリーダーとして、密教のこころを未来に伝えていく責務を担っ ていただくことになるでしょう。

 もとやま   ゆうこ

元山 有子

さん 文学研究科修士課程 密教学専攻2回生
( 姫路工業大学(現:兵庫県立大学)
工学部出身)

密教の教えは日常にこそ
生かされるべきものだと思っています

菩提寺で弘法大師の教えに触れる機会があり、学問としてその著作を学びたいという思いから入学を決意しました。大学院では明治期の真言僧侶の思想史について研究しています。当時の僧侶たちが示した強烈なリーダーシップは、現代社会に欠けているものの一つだと思います。その行動力や智恵を現代社会に反映させる一助になればと思っています。密教の教えは机上のものではなく実生活に生かせることが魅力です。曼荼羅の世界は人間関係そのものでもあり、私自身の人との関わり方を大きく変えるきっかけとなりました。

 もとやま   ゆうこ

元山 有子

さん 文学研究科修士課程 密教学専攻2回生
( 姫路工業大学(現:兵庫県立大学)
工学部出身)

学位取得までのプロセス

後期課程1年次 4月「研究計画書」を、指導教員による通覧を経て、提出する。
2月「研究成果報告書」を提出し、第1年次の研究指導を受ける。
後期課程2年次 2月「研究成果報告書」を提出し、第2年次の研究指導を受ける。
後期課程3年次 4月「資格申請書」を提出し、審査に合格すれば「課程博士論文提出資格」を得る。
11月「課程博士論文」を提出。

・博士後期課程第3年次において論文を完成できない場合

  • (a)第3年次4月末までに「資格申請書」を完成・提出できなかった場合
  • (b)同年次11月に論文を提出できなかった場合

上記(a)、(b)のような場合、「資格申請書」および課程博士論文提出の機会は、在籍中に限り、それ以後1年ごとに与えられる。博士の学位は、修士課程または博士前期課程を修了したのち、博士後期課程に3年以上在学し、所定の専門科目を修得し、かつ学位論文を提出して、その審査および最終試験に合格した者に授与される。

博士学位取得者

学位の種類学位記番号氏名論文題目取得年月日
博士(密教学)博甲第1号松長恵史インドネシアの密教H8/3/15
博士(仏教学)博甲第2号北原裕全『多様不二照明論』の研究H8/3/15
博士(密教学)博甲第3号川﨑一洋初期無上瑜伽タントラの研究 ー曼荼羅とその儀礼を中心にーH17/6/21
博士(仏教学)博甲第4号静春樹ガナチャクラの研究 ーインド後期密教が開いた地平ーH17/6/21
博士(密教学)博甲第5号北川真寛『渓嵐拾葉集』の研究 ー日本密教の観点からーH18/6/21
博士(密教学)博甲第6号土居夏樹『辯顕密二教論』の研究 ー法身説法と顕密対辯ーH19/6/21
博士(密教学)博甲第7号高岡隆真近代真言宗史の研究 ー明王院増隆の活動を中心としてーH19/6/21
博士(仏教学)博甲第8号波多野智人中世前期高野山の構造 ー金剛峯寺と大伝法院を中心としてーH20/6/11
博士(密教学)博甲第9号ユルコヴィッチ・
シュミット・
サンニャ
Kōbō Daishi Kūkai’s Esoteric Approach to Mind
―with and annotated translation of the stages six to ten of the Himitsu mandara jūjūshinron― (心に対する弘法大師空海の密教的アプローチ)
H22/1/20
博士(密教学)博甲第10号中谷征充弘法大師空海漢詩の研究H22/1/20
博士(密教学)博甲第11号柴谷宗淑江戸時代前期の四国遍路の実態 ー澄禅『四国辺路日記』の検証を通してーH25/3/15
博士(密教学)博甲第12号真田尊光草創期唐招提寺の歴史と美術 ー戒壇と廬舎那仏像を中心にーH25/3/15
博士(密教学)博甲第13号徳重弘志『理趣広経』の研究H26/3/15
博士(密教学)博甲第14号瀬岡吉彦医療経済学における真言宗教の役割H27/3/15
博士(密教学)博甲第15号高柳健太郎「恵果碑文」の研究H29/3/15
博士(仏教学)博甲第16号瀧藤順聖聖徳太子の仏教興降政策についての歴史H30/3/15
博士(密教学)博乙第1号越智淳仁法身思想の展開と密教H14/3/11
博士(密教学)博乙第2号武内孝善弘法大師空海の研究H19/5/21
博士(密教学)博乙第3号劉永増敦煌石窟壁画に見る密教系 菩薩経変画の研究H21/2/12

「さらに詳しく知りたい」「実際に現地を見てみたい」という方へ

詳細資料や、学校見学の機会も設けております。ぜひ、ご利用ください。

open_campus

高野山大学 Koyasan University

open_campus