専門分野/社会学・民俗学・歴史学、高野文化圏研究 森本 一彦(もりもと かずひこ)准教授

高野文化圏における知恵(民俗・歴史)を社会学的視点で読み解き、地域に活かす。

グローバルな時代に、ローカルな視点を持つことが見直されています。弘法大師以来の学びの伝統を持った高野山、それを支えてきた周辺地域をキャンパスにして、多くの経験と思考を重ねましょう。広く好奇心を持って、地域へ出て行っていき、社会を体験してください。

講師派遣における講演テーマ

  1. 高野文化圏における民俗・歴史
    高野山を中心とした経済・信仰・文化などのつながりを持った高野文化圏における民俗や歴史について写真や映像を使いながらお話をします。
  2. 家族・人口の今昔
    家族や人口について、統計資料、絵画資料、歴史資料などを使い、現在と過去を比較しながら、問題点を考えていきます。
  3. 古文書入門
    近世・近代の庶民の生活を記した古文書を読むことによって、その楽しさを感じていただき、古文書を読みたいと思っていただけるようにお話をします。

講師派遣について

略歴

1986.3
関西大学社会学部社会学科 卒業(社会学士)
1987.1
和歌山県史 編纂助手(~1988.3)
1988.3
関西大学大学院文学研究科日本史専攻 修了(文学修士)
1989.4
修徳高等学校 常勤講師(~1990.3)
1990.4
修徳高等学校 教諭(~1993.3)
1993.4
開智中学校・高等学校 教諭(校名変更のため、~1996.3)
2003.3
総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻博士課程後期 修了
(博士(学術)
2008.10
京都大学大学院文学研究科 特定准教授(~2013.3)
2013.4
高野山大学密教文化研究所受託研究員(~2015.3)
2015.4
高野山大学文学部 准教授教授(現在に至る)

学会等および社会における主な活動

学会等

1986
京都民俗学会
1986
日本民俗学会(2012年~2014年評議員)
1988
地方史協議会
1988
ソシオロジ
1998
日本生活文化史学会
1999
比較家族史学会(2008年より理事)
2003
関西社会学会
2003
日本家族社会学会
2003
日本社会学会

社会における主な活動

1996.6
橋本市史編さん委員 ~2006.2
2003.4
国立歴史民俗博物館共同研究員 ~2006.3
2006.2
橋本市史編さん協力員 ~2007.3
2007.4
東近江市史「能登川の歴史」執筆委員 ~2012.3
2008.6
柳田国男記念伊那研究所調査員 ~2013.3
2008.9
高野町史編纂委員 民俗編編集責任者 ~2012.3
2012.7
京都市事務事業評価サポーター制度サポーターリーダー ~2012.12
2012.11
和歌山県教育委員会高野山麓民俗調査 専門調査員 ~2015.3
2013.5
橋本市図書館在地資料デジタル化ボランティア ~2014.3
2013.7
橋本市図書館運営協議委員 現在に至る
2013.5
九度山町文化財活用地域活性化事業専門調査員 現在に至る

所属委員会

・密教文化研究所専従研究員
・南大阪地域大学コンソーシアム
・選挙管理委員会

学外講演

2009.6
北京学国語大学日本学研究センター日本学総合講座講師
2009.7
京都・宗教系大学院連合第7回「仏教と一神教」研究会講師
2012.5
東近江市史「能登川の歴史」刊行記念講演会講師
2014.7
橋本市図書館講座講師

研究活動

著書

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
落合恵美子編『徳川日本のライフコース―歴史人口学と歴史社会学との対話』 共著 2006.3 ミネルヴァ書房
森本一彦『先祖祭祀と家の確立-「半檀家」から一家一寺へ』 単著 2006.10 ミネルヴァ書房
中村則弘・高橋基泰編著『グローバリゼーションに対抗するローカル―相互補完性の可能性』 共著 2008.3 明石書店
坂田聡編『禁裏領山国荘』 共著 2009.12 高志書院
首藤明和・王向華・宋金文編『中日家族研究』 共著 2013.11 浙江大学出版

学術論文

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
近世における半檀家の展開-美濃国方県郡上城寺村の事例 単著 2006.3 『比較家族史研究』第20号
地域を教材化する試み-大学周辺の町歩きから 単著 2007.3 京都文教大学教育職員免許取得過程年報No.1
信仰的集団の運営方式―伊勢講の事例を中心として― 単著 2008.3 『京都民俗』25号
家の民俗・歴史 単著 2009.9 『社会学雑誌』第26号
座講の開放性と閉鎖性-和歌山県橋本市の事例 単著 2011.3 『研究報告書特集号』第161集(国立歴史民俗博物館)
Rethinking Ie (a Japanese Traditional Family): focusing on relationship between wife and her parents' home. 単著 2011.12 Journal of Intimate and Public Spheres 1
日本の仏教と家族 単著 2012.4 『社会学雑誌』第29号
大学研究室所蔵の社会調査報告書のデータベース化の諸問題 単著 2014.5 『フォーラム現代社会学』13号

教員トップへ戻る

教員紹介

教授

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ