専門分野/中国哲学 南 昌宏(みなみ まさひろ) 教授

正確に漢文を読むことは、弘法大師に一歩近づくことでもあります。

残念ながら、「漢文が好き」という高校生に、あまり会ったことがありません。一方で、「三国志」に代表されるような、中国好き、歴史好きの人はたくさんいるようです。最近では、漢字の語源に基づく呪術を扱ったマンガもあります。漢文の海は膨大ですから、自分好みの漢文は必ずあります。弘法大師も漢文の名手でした。

講師派遣における講演テーマ

  1. 中国の思想
    孔子や老子を始めとして、中国の思想には、学ぶべき多くの知恵が溢れています。現代人にとっても宝の山である中国の古典を、「温故知新」で読み直してみます。
  2. 弘法大師の思想
    「即身成仏」や「十住心思想」に代表される弘法大師の思想。それらについて、信仰とは少し違う角度から、平安時代の思想家という視点で読み解きます。
  3. 弘法大師の漢詩文
    弘法大師の漢詩文は、『性霊集』に多く遺されています。古来、名文家と評価されている弘法大師の漢詩文を、具体的に分析しながら読み解きます。

講師派遣について

略歴

1989.3
大阪大学文学部 哲学科中国哲学専攻 卒業
1991.3
大阪大学大学院 文学研究科博士前期課程哲学史専攻 修了
1993.3
大阪大学大学院 文学研究科博士後期課程哲学史専攻 退学
1993.3~1995.3
大阪大学大学院文学部 中国哲学研究室 助手
1995.3
高野山大学文学部 講師
2002.4~2007.3
高野山大学文学部 助教授
2007.4~2012.3
高野山大学文学部 准教授
2012.4~
高野山大学文学部 教授(現在に至る)

学会等および社会における主な活動

学会等

・日本中国学会
・大阪大学中国学会
・密教研究会(幹事)

所属委員会

平成25年度
自己点検・評価検討委員会
教務委員会
密教文化研究所協議会
密教文化研究所兼任研究所員
企画・広報委員会(主幹)

講義・講演・活動

2008.8
高野山大学夏期セミナー講師
2009
コンソーシアム和歌山大学等地域貢献促進事業審査委員
2010.8
高野山大学夏期セミナー講師
2010.8~現在
高野山21世紀医療フォーラム運営委員
2013
コンソーシアム和歌山大学等地域貢献促進事業審査委員

研究活動

著書

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
『入門講座 白川静の世界 III 思想・歴史』 共著 2010.9 平凡社

学術論文

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
先秦の諸子文献における太公望説話 単著 2006.3 『高野山大学論叢』41
『呂氏春秋』における哀公説話 単著 2006.4 『中国学の十字路』加地伸行博士古稀記念論集
【密教研究会六十周年記念シンポジウム】概括および抄録 単著 2008.3 『密教文化』220
スピリチュアリティと儒教 単著 2008.3 『高野山大学論叢』43
空海『梵字悉曇字母并釈義』における典故―「弄玉難信」「案剣夜光」について― 単著 2012.3 『高野山大学論叢』47

学会発表

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
空海の思想に見える中国文化の影響 2006.9 高野山国際密教学術大会
『韓詩外伝』における哀公説話 2006.10 日本中国学会第58回大会

その他

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
本書底本の解題 共著 1994.3 『懐徳堂文庫本中庸雕題并中庸関係諸本』(大阪大学懐徳堂文庫復刻刊行会)
大阪大学懐徳堂文庫所蔵『中庸雕題』関連諸本 単著 1994.3 『懐徳堂文庫本中庸雕題并中庸関係諸本』(大阪大学懐徳堂文庫復刻刊行会)
大阪大学懐徳堂文庫所蔵『詩雕題』関連諸本 単著 1995.3 『懐徳堂文庫本詩雕題』(大阪大学懐徳堂文庫復刻刊行会)

教員トップへ戻る

教員紹介

教授

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ