専門分野/臨床心理学 森崎 雅好(もりさき まさよし) 助教

無限の可能性を秘めた青年期をぜひ高野山でお過ごしください。

高野山大学は「生きること」に真摯に向かい合ってきたインド、中国、日本の先人達の知恵を学ぶこと、日本の古くからの文化に触れること、そして、四季折々の情景を楽しむことの3点ができる素敵な大学です。高野山で人格の陶冶と研鑽に励んでください。お待ちいたしております。

講師派遣における講演テーマ

  1. 思春期・青年期の心理について
    思春期・青年期は子どもから大人に変化する大変重要な時期です。特に、この時期は自立と依存が大きなテーマとなり若者は苦悩します。その苦悩と向き合うための知恵と技について学びます。
  2. 親子の心理について
    親がいることで人は“子”という立場になり、また、子がいることで人は“親”という立場になります。そのため親子の関係性は切ることができないほど深く、また、それが故に愛憎が生じます。この深く複雑な関係性をひも解く知恵について学びます。
  3. 自死遺族の方々のケアについて
    愛する人を失うことは、人にとって最も苦しいことの一つです。また、この苦しみを抱えながら生きることも最も苦しいことの一つです。この苦しみに寄り添いながら支えることについて学びます。
  4. カウンセリング・人間関係論について
    カウンセリングとは臨床実践の知恵から生まれてきた人を支援する一つの技法で、人の心と人と人との関係性を大切にします。人を支援するための知恵、こころ、態度について学びます。

講師派遣について

略歴

1995.3
千葉大学 文学部行動科学科 心理学専攻 卒業
1998.3
千葉大学 大学院教育学研究科学校教育専攻教育心理学分野 修了(教育学修士)
2007.3
高野山大学 大学院文学研究科密教学専攻 退学
2010.4
高野山大学文学部 助教
2017.4
高野山大学文学部 准教授(現在に至る)
資格
・臨床心理士(第8886号)
・高野山真言宗僧侶

学会等および社会における主な活動

学会

2005.5
日本心理臨床学会
2007.11
日本臨床動作学会
2010.4
密教研究会入会(幹事)
2012.4
日本密教学会入会

所属委員会

平成25年度
密教文化研究所研究員/人権研究会委員

社会参加

2007.10~
和歌山県精神保健福祉センター 自死遺族相談員
2010.4~
母子支援施設わかくさ 心理スーパーヴァイザー
2010.5~
NPO法人白浜レスキューネットワーク(自殺防止・保護活動団体)協力会員として、保護活動を行う
2010.8~
和歌山県立医科大学付属病院紀北分院緩和ケアチーム
2012.4~
高野山真言宗宗務所 メンタルヘルス相談員
2011.9~2012.3
台風12号による水害支援活動(和歌山県紀南地域)
2012.7~2012.9
東日本大震災支援活動(7月:福島・宮城・岩手、8月:福島、9月:福島)

講演・研修会講師

2013.6
かつらぎ町社会福祉協議会 老人クラブ「健康づくり事業」第3回講師(かつらぎ町地域福祉センター)
2013.6
金剛峯寺『いのちを観じる in Bangkok』ワークショップ講師(バンコク)
2013.7
近畿母子支援施設研究大会記念講演講師
2013.7
和歌山いのちの電話研修会講師
2013.7
和歌山難病センターボランティア研修会講師

研究活動

著書

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
ひきこもりと子ども・若者育成支援 共著 2012.4 伊藤良高・永野典詞・大津尚志・中谷彪編『子ども・若者政策のフロンティア』晃洋書房,2012

学術論文

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
長期留年学生の心理及び行動の特徴 -ひきこもり経験のあるアパシー青年の事例とロールシャッハ・テストの結果を通じて- 単著 2010.3 高野山大学論叢
被災地の復興期の支援における僧侶の役割について-福島県いわき市での生活支援相談員へのインタビュー調査を通じて- 単著 2013.3 密教学研究第45巻

その他

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
大切な人を自死で亡くされたご遺族の支援について 単著 2012.9 『センタージャーナル』真宗大谷派名古屋教区教化センター
災害時支援における僧侶の役割 単著 2013.1 『高野山時報』平成25年新春合併特集号
自死念慮者への取り組み
-“死にたい”気持ちに寄り添う-
単著 2013.3 『人権啓発推進資料』高野山真言宗社会人権局

口頭発表

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
遠隔カウンセリングの可能性(Ⅱ)
Squiggleを通して
1997.7 日本カウンセリング学会 第30回大会
未知物の名称の獲得に及ぼす文脈の影響
-相互排他性バイアスを乗り越えるための要因の検討-
1998.3 日本発達心理学会 第9回大会
不注意と不器用さが目立つ女子大学生への臨床動作法の適用 2009.10 日本臨床動作学会 第17回学術大会
場面緊張と背中の痛みを訴える男子大学生の心理的変化の検証 -MMPIの追加尺度を用いて- 2012.9 日本臨床動作学会 第20回学術大会
被災地の長期的支援における僧侶の役割について -福島県いわき市でのボランティア活動とインタビュー調査を通じて- 2012.10 日本密教学会 第45回学術大会

教員トップへ戻る

教員紹介

教授

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ