専門分野/インド・チベット仏教文化 奥山 直司(おくやま なおじ) 教授

チベット仏教にある密教の伝統を学ぶことは日本密教の特色を明らかにすることにつながります。

ヒマラヤ山脈の北に広大なチベット高原があります。この高原こそチベット仏教のふるさとです。チベット仏教には密教の伝統があります。この伝統をマンダラなどの美術、護摩をはじめとする儀礼などを通じて研究することは、日本密教の特色を明らかにすることにつながります。このような研究と教育にも私たちは取り組んでいます。

コンタクトゾーン亜細亜
http://okuyama08.blog120.fc2.com/

講師派遣における講演テーマ

  1. チベット・ヒマラヤの仏教
    ヒマラヤ・チベット地域に行われているチベット仏教の歴史とその特色、チベットと日本の関わりなどについて分かりやすく解説する。
  2. 河口慧海
    明治のチベット探検で知られる河口慧海の事績を日本・インド・チベットにたどりながら、その思想を探究し、日本仏教のあるべき姿について考える。
  3. 南方熊楠
    近年「知の巨人」として評価の高い南方熊楠の生涯をたどりながら、その特異な思想を特に仏教との関わりにおいて読み解いてゆく。
  4. 明治の密教者
    釈雲照・釈興然・土宜法龍ら近代日本密教の先人たちの足跡をたどることを通じて、これからの日本密教の課題について考えてゆく。

講師派遣について

略歴

1979.3
東北大学文学部(印度学仏教史専攻) 卒業
1981.3
大学院文学研究科博士課程「前期2年の課程」(印度学仏教史学専攻) 修了
1985.3
大学院文学研究科博士課程「後期3年の課程」(印度学仏教史学専攻) 単位取得退学
1985.4
東北大学文学部 助手
1989.10
一関工業高等専門学校 専任講師
1991.10
一関工業高等専門学校 助教授
1994.4
高野山大学文学部 助教授
2003.4
高野山大学文学部 教授(現在に至る)

学会等および社会における主な活動

学会等

1979
日本印度学仏教学会
1979
印度学宗教学会
1980
日本チベット学会
1985
日本仏教学会
1986
密教図像学会
1994
日本密教学会
1994
密教研究会
2001
日本ネパール協会
2009
能海寛研究会副会長
1987~1991
1987年度~1991年度 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員
1993~1997
1993年度~1997年度 国立民族学博物館共同研究員

所属委員会

平成24年度
文学研究科委員長

講義・講演・活動

2006.9
高野山国際密教学術大会準備委員・同報告書編集委員
2009.1~2009.2
東北大学総合学術博物館主催 「遥かなる憧れ チベット展」記念講演会 講演者・パネリストとして参加
2011.11
清学院開設記念事業として堺市立錦西小学校で「河口慧海ヒマラヤを行く」と題して講演
2013.1
堺市博物館で「河口慧海と肥下徳十郞-新たに発見された資料から-」と題して講演

研究活動

著書

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
釈尊絵伝 共著 1996.4 学習研究社
評伝 河口慧海 単著 2009.11 中公文庫
高山寺蔵 南方熊楠書翰―土宜法龍宛 1893ー1922 共編著 2010.3 藤原書店
河口慧海日記 ヒマラヤ・チベットの旅 共著 2007.5 講談社学術文庫
宗教の事典 共編著 2012.10 朝倉書店

学術論文

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
ある聖者の伝説―アドヴァジュラ伝《Amanasikāre Yathāśrutakrama》にみられる修行者像― 単著 1991.12 東北大学印度学講座六十五周年記念論集『インド思想における人間観』
Pilgrimage to the Crystal Mountain in Dolpo by Japanese Monk, Kawaguchi Ekai 単著 2008.3 Esoteric Buddhist Studies: Identity in Diversity, Proceedings of the International Conference on Esoteric Buddhist Studies, Koyasan University, 5 Sept.-8 Sept.2006
The Tibet Fever among Japanese Buddhists of the Meiji Era 単著 2008 Esposito, Monica ed., Image of Tibet in the 19th and 20th Centuries, Vol.I. École française d'Extrême-Orient.
南方熊楠と十九世紀ヨーロッパのインド学 単著 2011.8 田村義也・松居竜五編『南方熊楠とアジア』勉誠出版

翻訳

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
D.スネルグローヴ/H.リチャードソン『チベット文化史』 1998.4 春秋社

その他

著書,学術論文等の名称 単著
共著
発行又は
発表年月
発行所,発表雑誌又
は発表学会等の名称
南方熊楠と大乗仏教(上)真言宗・土宜法龍との交流を巡って 単著 2010.6 『大法輪』77-6
南方熊楠と大乗仏教(下)「熊楠の生命の樹」から「南方曼陀羅」へ 単著 2010.8 『大法輪』77-8
Correspondence between Kumagusu and Dogi Horyu: On the Newly Found Letters from Kumagusu to Dogi 単著 2010 Center for the Study of Japanese Religions Newsletter Autumn 2010 Issue 20-21
東西思想への視座―土宜法龍への書簡を中心に― 単著 2012.3 『季刊民俗学139 特集南方熊楠と民俗学』
チベット仏教とは何か? 単著 2012.12 『ダライ・ラマと日本人』徳間書店

教員トップへ戻る

教員紹介

教授

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ