長葭勇生さんのメイン画像。学びは密教だけじゃない。一般教養も、英会話も身に付けて国際感覚あふれる僧侶を目指したい

親戚の方がほとんど僧侶で、その姿に憧れて自らも僧侶の道を目指すべく、高野山大学に入学。
現在、僧籍の取得と知識習得のため猛勉強中。
一方で、書道や軽音楽、英会話も頑張るなど、多趣味で好奇心旺盛な努力家。

メッセージ

「本気」で学べる環境が欲しい人にはピッタリです!

僧侶になるため、真剣に学びたくて入学した私。
ここは場所柄、夜にはほとんどお店も閉まるし、遊びへの誘惑が少ないから「本気」の人には最適です。また、少人数の大学なので、講義でも質問がしやすくて助かります。それと、自由度の高さも魅力ですね。英会話同好会も自分で発足させました。
不便と思われるかもしれませんが、そんなこともないですよ。
最近、24時間営業のコンビニができてかなり便利になりましたし(笑)。

メッセージイメージ画像

高野山大学での学生生活について聞きました!!

あれもこれも、欲張りながらがんばりたい!

いま、特に頑張っているのが英語の勉強。
高野山には外国人の方もよくお見えになりますから、彼らが宿泊するゲストハウスやお寺で、しっかり英語でもてなしたいんです。

大学生活に慣れてきたら、勉強・クラブと両立させて、もうちょっとアルバイトの時間も増やしてがんばりたい!

高野山大学での学生生活について聞きました!!のイメージ画像

仏教・密教だけの学びじゃないから、おもしろい!

密教を学びたくて入学しましたが、講義ではそれ以外の宗教も深く知る必要があると知り、驚きと刺激、新しい発見の毎日です。
予習や復習は、何と言っても大学の図書館!
21:30まで開いていますし、古く貴重な文献もたくさん置かれているので、自分の家で勉強するよりもはかどるんですよね。すごく重宝しています。

高野山大学での学生生活について聞きました!!のイメージ画像

いま、人生で はじめての一人暮らし中!食堂は、ひそかなお気に入りスポット。

いま、人生ではじめての一人暮らし中!
食事は自炊が基本ですが、お気に入りは大学生協の食堂で食べるお昼ご飯。
なぜなら、ご飯はどれだけ山盛りにしても定額だからなのです!
オススメメニューは、ローストグリルチキンかな。

あっ、お昼は学生のほとんどが食堂に集まるので、交流も深まって楽しいですよ。

高野山大学での学生生活について聞きました!!のイメージ画像

ある一日のスケジュール

6:00

起床

朝食を食べてから、読書をしたり、勉強をしたり。
9:00

登校

通学はお気に入りの音楽を聴きながら、徒歩か自転車で。
9:00

講義

まだ1年生で分からないことだらけなので、メモを取るのに必死です!
12:30

お昼休憩

昼食は大学生協の食堂で、お腹いっぱいになるまで食べます。
16:00

クラブ活動

自分で発足させた英会話同好会だけでなく、書道部や軽音楽部でも活動中。
18:00

図書館で勉強

図書館と書道室は、とても落ち着く大好きな場所です。
20:00

帰宅

晩ご飯を食べて、洗濯物を干して。冬場は夜に洗濯物が凍るので要注意だそうです(笑)。
24:00

就寝

夜更かしに気をつけて、明日に備えて早めに寝るようにしています。

ここが大好き!! 高野山大学

学年全体でどこかへ遊びに出かけたり、クラブの仲間とBBQをしたり。
しかも、気付けばそこに先生や学長まで参加していることもあります。そんな繋がりの深さ、絆の強さは他の大学では味わえないのではないでしょうか!?

  • 文学部密教学科3年 岩崎 円
  • 文学部密教学科1年 長葭 勇生
  • 先輩の一日
  • 文学部密教学科2年 松本 鮎
  • 文学部密教学科4年 田村 眞悠

先輩たちに聞いた高野山大学の魅力や一日の流れを紹介!

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ